自己破産でも免除されない非免責債権について

自己破産を申し立てても免除されない債権を「非免責債権」といい、それは破産法という法律に定められています。

自己破産の手続きをして免責不許可事由がなければ、裁判所で免責決定がなされ、
原則としてすべての債務の支払い義務がなくなります。
“自己破産でも免除されない非免責債権について” の詳細は »

返せるはずが収入がなくなってしまった

返すつもりで借りていたけれど、職を失ったことで返済が出来なくなってしまった。返済をしてしまうと食べるのにも困ってしまう。こうなったら自己破産を考えて良いでしょう。

収入が無い人の場合、借金の返済どころか日々の生活にも困っているのではないでしょうか?
働いている時に作ってしまった借金の返済に悩んでいる人も多いでしょう。
“返せるはずが収入がなくなってしまった” の詳細は »

個人再生によってマイホームを守れます

債務整理において個人再生の制度を利用することで、借金の総額を最低100万円、あるいは概ね2割にまで圧縮し、これを3年ないし5年以内に返済できれば残りの借金の返済を免除することができます

個人再生は、債務整理のひとつの手段で住宅などの財産を手放すことなく、借金を減らすことができます。もちろん利用できる人には対象及び条件があります。
“個人再生によってマイホームを守れます” の詳細は »

不当な金利撤廃と債務整理

法改正後の債務整理は不当な金利や行為で悩んでいた人には救世主になり、 専門家を通してますます容易に確実な返済計画や過払い金返還が行われるようになりました。

平成22年6月18日以降、出資法の上限金利が20%に引き下げられ、

グレーゾーン金利が撤廃されました。これによって、債務整理に大きな変化が出てきたのは周知の通りです。上限金利は利息制限法の水
“不当な金利撤廃と債務整理” の詳細は »

法律の改正に関わる債務整理と信販やクレジット会社

債務整理におちいらないようなクレジットやキャッシング、支払いの選択を することも私たち消費者のチェックポイントでありましょう。

債務整理がしやすく、過払いの問題が解決しだしたほう改正後の各種信販、クレジット会社の対応はどのように変っているのでしょうか?


“法律の改正に関わる債務整理と信販やクレジット会社” の詳細は »

民事再生〈個人再生〉の流れと債務整理

債務整理の個人再生は、返済の内容が緩和されますがきちんと返していくことが前提になっているので計画を確実に専門家と相談して行いましょう。

債務整理の中での、民事再生(個人再生)手続きの流れは次のようになります。

★まずは司法書士、弁護士へ債務整理の相談
★再生申立書類作成契約の締結
★債権者へ受任通知を発送する。→窓口が依頼者から代理人に移り、本人への督促が止まります。
★消費者金融から取引明細書が返送されてくる。履歴の開示を専門家から依頼する。

⇒数ヵ月かかることもあります。

★利息制限法による引きなおし計算をする。
★裁判所へ民事再生の申立て
★再生手続開始決定による債務整理確定。個人再生委員の選任、面談などを行う

★債権届出・再生計画案の提出
総返済額を確定し、3年間で完済する計画を裁判所に提出します。

★債権者の意見聴取や書面による決議を行います。
小規模個人においては書面決議が、給与所得者等再生においては

意見聴取が実施されることになります。ここまでで約1年弱くらい要します。
★再生計画の認可決定。
★再生計画の支払開始⇒3年~完済

これらの流れを必要としますので、個人だけで行うよりも専門家のアドバイスがあったほうが良いでしょう。
個人再生手続きによって住宅ローン以外の負債は、以下の支払額(最低弁済基準)までカットされます。

「1」借金の総額が100万円未満
…借金の総額そのまま
「2」100万円以上500万円未満
…100万円 カット
「3」500万円以上1500万円未満
…借金の総額の5分の1 カット

「4」1500万円以上3000万円未満
…300万円 カット
「5」3000万円以上5000万円未満
…借金の総額の10分の1 カット

安心の専門家に自己破産を相談する
よくある誤解がたくさんある自己破産ですが、その実はどうなのでしょうか。
xn--qstz5yeocrsle2de4s.jp